会社情報

開発・製造・品質

開発&テクノロジー

開発員の熱き想いと最先端技術の結晶。
ミズホ製品が愛されているのには理由があります。

ミズホはこれまで広範な医療分野に亘って様々な製品を世に送り、高い評価を得てまいりました。
それは、私たちの製品が「一人でも多くの人に安心と喜び、笑顔をお届けしたい」という開発員の熱意と創意工夫の精神に、創業以来培ってきた知識と技術、さらに最先端技術が一つに融け合って作られているからに他なりません。
しかし、「もっと便利で使いやすい製品を!」「もっと安全で快適な製品を!」という切実な声は、今この瞬間はもちろん、常に医療の現場からは上がり続けています。
私たちもまた、この声に応え続けるべく、これからも製品開発に取り組んでまいります。

新分野を切り拓く魅力的な製品を創造すべく、
万全の体制で日々、開発に取り組んでいます。

ミズホでは市場動向や今後の展開をしっかりと見据え、お客様が本当に求めているものを的確に把握。その上で、本社と千葉及び五泉の各工場技術者とが連携協力し合いながら、世界に通用する新製品の開発を進めています。また新規事業や製品の幅を広げるため、海外の優れた製品も積極的に導入。工場の生産技術力を活かしたOEM受注にも本格的に取り組んでいきます。

現場のニーズに的確に応える製品づくりのため、
積極的なコミュニケーションを心がけています。

医療現場が直面している課題やニーズにどれだけ的確に応えることができるか―「顧客中心」の理念に適う製品づくりの成否は、実際に医療に従事されている方々との密接な情報交換にかかっていると言えるでしょう。私たちは常に医療の最前線へと足を運び、積極的にコミュニケーションを交わすことで、魅力的な新製品の開発はもちろん、既存製品のさらなる改良に努めています。

製造

先進のテクノロジーと熟練職人の確かな技が出逢う場所。

優れた医療機器の製造を通じて医療技術の進歩と発展を目指す私たちミズホにとって、工場こそが最も重要な施設・心臓部であると言っても過言ではありません。そこでは先進のテクノロジーとベテラン職人の確かな技が融合して、次々と製品が誕生しています。
千葉工場には、物流センターを併設し、生産性・流通効率における格段の向上を実現。
よりパワフルに、よりアクティブに。ミズホの次代は、ここでもすでに始まっています。

次代を切り拓く製品がここで生まれ、
そして世界へ。
今日もまた、
喜びの笑顔が生まれています。

千葉工場

 

千葉県佐倉市

各種手術台及び手術台周辺機器の生産を中心に展開。
修理・研修センターや手術室システムのショールーム、ミズホの歴史がわかる展示室などもある他、物流センターも併設されています。

 ショールーム

1階の製造エリアは吹き抜け構造になっており、
2階から作業の様子を見ることができます。

高速・高精度のマシニングセンタを導入。
夜間無人運転も可能で製造の効率化を図っています。

市場出荷前の安全と性能、品質確保のための検証を行う設備を充実させ、厳しい品質確保の体制を整えています。

サービスエンジニアの技術力向上のための「サービストレーニングセンター」を工場内に設置。ここでの研修・トレーニングを経たエンジニアによる均ーでハイレベルな保守サービスを、国内はもとより世界各地で提供していきます。また同センターは営業担当者や新入社員等の研修にも使用。社員教育の一翼を担う重要な施設と位置付けています。

敷地面積1,800㎡を超える物流センターを併設。鋼製小物から手術台まで全製品の在庫一元管理を可能にすると同時に、生産~配送のスムーズな流れを実現しました。

五泉工場

 

新潟県五泉市

世界中の医療機関で愛用されている“杉田クリップ”(脳動脈瘤クリップ)
をはじめ、各種インプラント製品や鋼製小物、器械類の生産を行っています。

 杉田クリップ

三次元座標測定器

部品の形状を接触することなく立体的にとらえて様々な測定が行えます。主に製品の品質管理と開発・設計に利用しています。

複合加工機

従来、複数の人間と機械で行っていた作業を一台で実行できる最先端の設備を導入。

機械ではできないデリケートな作業を、熟練工員が慎重に進めていきます。製品一つひとつに私たちの想いが込められています。

品質

何よりも一番大切なのは“患者本位の安全と安心”。
それが、品質管理に込めた私たちの想いです。

どれだけ患者のQOL(Quality of Life)向上に尽くすことができるかー
術者の施術を、どれだけスムーズで正確なものにすることができるー
これらが私たちにとって、製品開発上の非常に大きな課題であることは言うまでもありません。
しかし、医療という人の生命に関わる分野に携わる上で、何よりも大切なこと、それは“患者安全(Patient Safety)”であると私たちは考えます。ミズホでは開発から製造、検査、梱包、販売に至るあらゆるプロセスにおいて、厳格な品質管理体制の下、安全で信頼できる製品の供給に努めています。

世界が求めるクオリティに適う製品を目指して。
品質管理体制のさらなる強化にも積極的に着手。

ミズホでは、医療機器における品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO13485をはじめ、薬機法(日本)・FD&C Act(米国)・CMDR(カナダ)・MDD/MDR(欧州)など、国際規格と各国・地域が法で求める品質基準に対応した品質マネジメントシステムを構築しています。
また、開発プロセスに於けるデザインレビューやリスクマネジメントの強化と充実、製造現場に於ける品質向上活動への絶え間ない取り組みなど、製品企画から市場対応まで一貫した品質管理を実施しています。

認証取得

認証取得部門

  • 本社
  • 五泉工場
  • 千葉工場
  • ロジスティクスセンター
  • テクニカルサービス部

認証取得製品

  • 脳神経外科用インプラント・手術器械
  • 膝・股関節用インプラント・手術器械
  • 骨接合用インプラント・手術器械
  • 脊椎用インプラント・手術器械
  • マイクロスコープ
  • 無影灯
  • 手術台

生産工程

職人の匠の技と最新の加工技術がひとつになって、高い付加価値のミズホ製品が生まれています。重要なパーツの内製化による品質の確保と、製造プロセスの弛みなき改良・改善によって生産効率を高め、コストパフォーマンスの高い製品を実現しています。

品質管理

製品が要求される品質を十分に満たしているか、開発プロセスから生産工程まで徹底したリスクマネジメントを実施することにより検証し、製品の高い品質と高い安全性を保証しています。更に、ユーザーからの要望・苦情に迅速・真摯に対応することで、満足度の向上に努めます。