医療を支え、未来を創造する

ミズホの医療機器 [P-net]

資料請求・お問合せ  

HOME > 手術室関連機器 > HyperEye Medical System > HyperEye Medical SystemⅡ

HyperEye Medical SystemⅡ

近赤外蛍光とカラー画像を同時に動画撮影
近赤外線蛍光を用い非侵襲的に血管(動脈・静脈)やリンパ管(節)を可視化。

詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

特長

近赤外光に高感度なCCDイメージセンサーを採用

本システムは近赤外に感度が高いLOC(横型オーバーフロー・ドレイン)構造のCCDを採用し、特殊なフィルターをCCDに配列することで、カラー可視光と近赤外蛍光を同時取得することに成功し、モニターへの描写が可能です。

撮影中も肉眼での術野確認が可能な実用的ワーキングディスタンス

被写体からカメラ前面までのワーキングディスタンスが約50~70cmあり、術野作業の邪魔になりません。高感度CCDイメージセンサーと特殊光学系の開発によって、高い実用性を実現しました。

近赤外光に対応した光学ズーム(10倍)機能

レンズには微弱な近赤外蛍光を効率よく捕捉するため、高開口率で近赤外光に対応した特殊光学系を採用し、制御機構部には電動ズーム機能を搭載しました。コンソールパネルのボタンで簡単にズームコントロール可能です。

カラー蛍光とモノクロ蛍光を切替えて撮影可能

カラー蛍光画像とモノクロ蛍光画像の2方式蛍光撮像を標準装備。小型サブコントローラのスイッチ操作で切り替えながら、使用用途に合わせた観察が可能です。

カメラユニットに励起照明用、補助照明用LEDを搭載

カメラユニットの前面にある赤外線照射ユニットに、補助照明用のLEDを配置。近赤外光を含む無影灯などの照明を消灯した環境下であっても、補助照明用白色LEDを使用することにより、明るい(照度2000ルクス前後  撮影条件によって異なります)視野で近赤外蛍光を捕捉することができます。

ハンディタイプのカメラが装着可能

オプションでコントローラユニットにHyperEye Medical System Handyカメラユニットが装着可能となります。(コネクタが必要になります。)
取り回しやすいHandyカメラユニットにより、幅広い症例に対応できます。